芦屋近辺のインフルエンザ情報

2月7日 流行の峠は越したようですが、依然流行状態にあります。 学級閉鎖の報告もありますので、うがい、手洗いなどの対策をお忘れなく! 1/13-1-19 A型 364名 1/20-1/26 A型 446名 B型 3名 1/27-2/2  A型 280名 ※ワクチンの在庫も僅少となりました。あと3名分です。 2/9にインフルエンザの予防摂取は終了します。 ※受験生の方には吸入タイプの予防薬、イナビルをお勧めします。 二日に分けて吸入することで7日から10日ほど予防効果を発揮します。 ※1回飲みきりタイプの錠剤、ゾフルーザも入荷しました。 ----------- 1月30日 まだ勢いが止まっていないようです。 1/13-1-19 A型 364名 1/20-1/26 A型 446名 B型 3名 ※ワクチンの在庫も僅少となりました。あと数名分です。 ※受験生の方には吸入タイプの予防薬、イナビルをお勧めします。 二日に分けて吸入することで7日から10日ほど予防効果を発揮します。 ※1回飲みきりタイプの錠剤、ゾフルーザも入荷しました。 -------------------- 1月26日 先週からさらに2倍に増えています!! 1/6-1/12 A型 196名 B型 1名 1/13-1-19 A型 364名 ワクチンは少数残っておりますが、効き始めまでに約二週間かかるのでご注意下さい。 予防薬についてはイナビルを用意しております。 ゾフルーザも入荷いたしました。 --------- 1月19日 医師会からの報告によると先週に比べ患者数が4倍に増えています。 当院にもたくさんの方が受診されてお

花粉症(検査)

花粉症の治療については書きましたが、検査について質問があったので、簡単に書いてみます。 ・鼻汁中好酸球数 鼻汁を綿棒で拭って、花粉症で増加する鼻汁中の好酸球数をカウントします。 花粉症がひどくなると、数が増えます。 ・スクラッチテストやプリックテスト 花粉エキスを腕に1 滴たらし、針で軽い傷をつけて、皮膚の膨疹や発赤の有無をチェック。 花粉症がひどいと、膨疹や発赤が増えます。 ・鼻誘発テスト 花粉エキスを鼻の粘膜に付着させ、症状発生の有無を観察するものです。 花粉症がひどいと、症状が強く出ます。 ・血清特異的IgE抗体定量 血液の中の血清に含まれる花粉に特異的なIgEの値を見ます。花粉症だけでなく、食品などもチェックできます。 アレルギー反応が強いと、数値が高く出ます。 ということで、検査ではアレルギー反応の程度が判ります。 『そんなん自分のカラダが一番よう知っとるわ!!』 と思った方。 その感覚は正しい。検査をする意味のある人は『原因が分からないが花粉症の症状が出る人』です。 スギだろうがヒノキ だろうが、 花粉症で症状が同じなら治療法は同じです。 花粉症:治療編で書いたようにそれぞれの方に合う病院に行って下さい。

花粉症 (治療編)

花粉症(花粉アレルギー)の治療法にはざっと ・内服 ※ ・注射 ※ ・減感作療法 ・点鼻、点眼 ※ ・レーザー焼灼 などがあります。 ※当院で対応している治療です。 それぞれの特徴をあげてみます。 ※内服-対象療法(症状を抑えるだけで、症状が出る間は治療が必要) 抗ヒスタミン剤、漢方薬、ステロイドなど、ステロイドを除き、すぐに効いた気がしないのが難点。いずれも対症療法。 ・薬を指定すれば、精神科でも肛門科でも処方可能 ・初診なら内科、アレルギー科、耳鼻科など ※点鼻、点眼-対象療法 内服で局所症状が治まらない方。使っている間は割とよく効く。 *薬を指定すれば概ね何科でも処方可能 *初診なら内科、アレルギー科、耳鼻科、眼科など ・注射 ヒスタミン注射-対象療法 週1-2度通院し、6回程度の通院で3-4ヶ月効果あり。 →普通は、週二で通院するぐらいなら薬を飲むので当院では不採用 *アレルギー科、耳鼻科、内科(問い合わせが必要) ※ステロイド注射-対象療法 一回の注射で1シーズン効果が持続。 副作用もあるので使い方にコツが要る。誰にでも使える訳ではないので行っているところは少ない。 →だいたいの場合、飲み薬無しでひとシーズン過ごせるので当院でもファンも多い。 *内科、耳鼻科、アレルギー科(問い合わせが必要) ・当院では生理のある女性には行っていません。 ・状態の悪い糖尿病、高血圧にも行っていません。 ・鼻粘膜焼灼法ー根治療法(成功すれば花粉症が治る。) 鼻粘膜をレーザーなどで焼き焦がす。多くは効果が持続する。 →場合によっては数年に一度再手術が必要になることも。 *耳鼻科 ・減感作療

花粉症-花粉アレルギー (病院の選び方)

一昔前は花粉症という言葉もなく、専門家のみ知る病気でしたが、今では小学生でも花粉症という言葉を知っています。病気の認知度が広がるに従って患者数も激増した病気です。 昔は主に耳鼻科で診ていた病気ですが、医学部でも花粉症については講義がありますし、内科でもよく診る疾患です。眼の症状がひどければ眼科でも診察します。 で、花粉症は何科に行くのが良いの?、とよく聞かれます。 多くの人はどっちでもいいと思います。TVでアレグラのCMやってるぐらいですから、そのレベルで治まる人は病院に行く必要すらないかも知れません。 でも、やっぱり得意不得意は存在するので、使い分け方を書いてみます。 耳鼻科にいった方が良い場合 ・耳鼻科でしか出来ない検査や治療をする場合。 吸引、鼻うがい、 レーザー治療など 眼科医に行った方が良い場合 ・ 眼科でしか出来ない検査や治療をする場合。 内科に行った方が良い場合 ・花粉症以外に薬を飲んでいたり、内科の病気がある場合。 どこでも良い場合 ・花粉症だけでかかっていて、毎回同じ薬が処方され、症状も安定している場合。 →通院の手間がかからないところがおすすめ。 どの科で出す薬も名前が同じなら当然内容も同じです。耳鼻科のアレグラも内科のアレグラも違いは何一つ変わりません。 もうちょっと言うと、東大病院アレルギー科で出すアレグラと街の産婦人科でもらうアレグラも違いはありません。 『私はこの薬でないとダメ、だってあの薬を眠くなるし・・』と薬にもこだわる人なら、どの科、どの病院に行くかは全く関係ありません。 専門の先生でも違う薬を処方しようとすると『この薬にして下さい!』となるわ

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
最新の投稿
タグ
過去の投稿

ありがとう芦屋クリニックのホームページです

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町3-24-1 1F
ラポルテ駐車場の補助がございます。
来院時、駐車券を受付にお見せ下さい。
(予防接種の方は30分、診察の方は診察時間相当)