後医は名医

忙しい人の為に ・後から診察する医師は状況が判っているので、的確な判断が出来ます。 ・症状が変わらないときははっきりと『症状が変わらない』と担当の先生に言いましょう。 ・医師/病院と合わないと思ったときは検査データを持って、次の病院に行きましょう。 ---------------------- 医師の世界では『後医は名医』という有名な格言があります。 後で診る医師は、それまでの情報を元により進んだ(はっきりした)症状や否定された病気から、的確な診断が出来るということです。 今回はそんなお話。 患者さんから問い合わせのメールをいただきました。 Q 友人から紹介を受けました。受診する前にお聞きします。 空咳が止まらなく内科で検査して問題ないとされ、薬を処方されました。 月が変わっても治らず、今度は耳鼻咽喉科に行きました。喉のファイバースコープでも異常なしで、別の薬を処方されました。 それでも治らずさらに翌月に気管支炎科がある内科に行き、さらに別の薬を処方されました。 少しは良くなったように思いますが、どうしたら良いか困っています。どうぞよろしくお願い致します。 ---- 当院外来を受診いただき、病気の状況を詳しくお聞きしました。 今までに ・フルティフォーム※ ・キプレス※ ・ムコソルバン ・麦門冬湯※ ・ホクナリン※ ・コルドリン ・フラベリック ・ビソルボン ・リンコデ  ※は症状を抑えるものではなく、使い続けるタイプのお薬 を処方されたとのことですが、症状は7割ぐらい残っているとのことでした。 診察の結果 ・診察しても肺の音はキレイ。 ・発熱、痰などの炎症症状はみられない。

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
最新の投稿
タグ
過去の投稿

ありがとう芦屋クリニックのホームページです

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町3-24-1 1F
ラポルテ駐車場の補助がございます。
来院時、駐車券を受付にお見せ下さい。
(予防接種の方は30分、診察の方は診察時間相当)