第三者

先日来られた患者さんのお話。 ご高齢の方が付き添いの方と来られました。 付き添いの方曰く、今行っている内科の薬が気に入らない、血圧の薬を減らせると思うので減らして欲しいとのことでした。当然病院の紹介状はありませんが、検査データや普段の血圧を書いた紙も持ってきていません。 当院での血圧は相当高いものでした。 本人に聞くと ・元気でいられるならできるだけ長生きしたい。 ・食事制限が必要なら我慢できる。 ・薬も必要であれば飲みます。 とのこと。 付き添いの方に『おそれながら・・』と関係を問い質すと、親族ではなく、後見人でもないとのこと。 『当院は減薬をウリにしていますが、あくまで『本人が希望したとき』です。 飲みたくない薬を飲んだり食事制限したりしてまで長生きを望まない、不必要な薬を減らして欲しいと希望する方のための減薬外来です。 付き添いの方が薬が多いと思っても、患者さんとの関係は第三者です。今までかかっている先生はこれらの薬が必要と思っているので処方していると推測されます。 病院で測った血圧は高く出ると言われますが、今測った血圧は相当高く、内服を続けるのが妥当です。 全く初対面の私が、投薬履歴や検査・血圧の変動などの薬を減らす裏付けもなく、第三者の話だけを頼りに、本人が希望しない方針で処方はできません。』 と、付き添いの方にお伝えしましたが、納得いただけませんでした。 30分ほどかけてお話ししましたが納得していただけないので、この方の説得はこれ以上しないつもりです。 お知り合い、友人は不満に思っていないけれど、今かかっている病院の治療方針がおかしいと思った方は、以下のいずれかの項

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
最新の投稿
タグ
過去の投稿

ありがとう芦屋クリニックのホームページです

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町3-24-1 1F
ラポルテ駐車場の補助がございます。
来院時、駐車券を受付にお見せ下さい。
(予防接種の方は30分、診察の方は診察時間相当)