Medical
Weight Reduction

減量・ダイエット外来

023.jpg
035.jpg
scale-1.jpg

初診を含め、オンライン診療が可能です。

 

 今の皆さんは幸せです。痩せるのにこんな良い薬があるのですから。

私は以前、15kg減量したことがあります。

その頃はこのような薬は無く大変苦労しました。

当院のダイエット外来では他のクリニックとは違い、その時のお話しも交えて、患者さんにあった方法を探っていきますね。​

*以下、1-4の治療は減量目的であれば自費になりますが、糖尿病の診断が付けば保険が適応される場合もあります。初診は遠隔ではなく受診される事をおすすめします。

*オンライン診療をご希望の方はこちらをご覧下さい。

当院で行っている医薬品を使ったダイエットメニューです。

*特に表示がなければ料金は全て税抜き

★~★★★はお勧め度

1.脂肪の吸収を抑える薬(リパーゼ阻害)★ゼニカル

・1回1-2カプセル、1日3回食事の際に飲みます。

というのが標準のようですが少なめの量から始めるのがコツ。

・飲み過ぎると下痢します。が、上手く使えば便秘解消につながります。

・脂肪の吸収を阻止し、米国ではダイエット薬として認知されている薬です。

 ハーフ(1シート:21錠) 2週間ぐらい 6,000

 1箱(2シート42錠)ひと月ぐらい 10,000

2.糖分の吸収を抑える薬(αグルコシダーゼ阻害剤)★☆

・1回1枚、食事の前に飲みます。

・消化管からの糖の吸収を遅らせることで血糖値の急上昇を抑えるお薬です。

・少しガスが発生するのでお腹が張ります。

 →食欲も少し抑えられます。

・当院ではおサイフにも入る、フィルムタイプのものを使用します。

 30枚 1日1回 30日分 10,000

 60枚 1日2回 30日分 18,000

3.糖分を尿に排出する薬(SGLT2)★★ルセフィ

・1日1回朝食時(出来れば朝起きてすぐ)に飲むお薬です。

・水分を取った方が効果が上がります。そのため、副作用として尿が多くなる(量、回数とも)喉が渇くなどがあります。

 少量(2.5mg)ひと月30日分30錠(1日あたり@400)12,000→おすすめ

 標準(5mg)ひと月30日分30錠(1日あたり@600)18,000

4.やせると噂のホルモン(GLP1ダイエット)

・今話題のGLP1ダイエットです。

・下痢、腹部の違和感などが起こることがあります。当初は症状が強いのですが、使うに従って慣れてくるので、さほど苦しくなくなります。

サクセンダ(ピクトーザ)から乗換えた方のお話によると、サクセンダ3mgより当院の標準量のものの方がちょっと強力とのことです。

 A 内服(リベルサス)★★☆

・毎朝起床時に飲むお薬です。

・飲み方にクセがあり、きちんと飲まないと薬効が著しく落ちるので注意が必要です。

・『注射は絶対イヤ』という方にはおすすめ

 お試し少量(3mg)3mg 10日間10錠(1日あたり@1,500)15,000

 お試し標準(7mg)7mg 10日間10錠(1日あたり@2,000)20,000

 少量(3mg)ひと月30日分30錠(1日あたり@1,000)30,000

 標準(7mg)ひと月30日分30錠(1日あたり@1,333)40,000

 倍量(14mg)ひと月30日分30錠(1日あたり@2,000)60,000→おすすめ

 B 注射(オゼンピック)★★★

・オンライン診療で行う場合はクール便を使用します。

・週1回、お腹に注射する薬です。注射に抵抗のある方も多いのですが、使い捨てで取扱は非常に簡便です。

・『注射』という言葉のひびきと実際の注射の痛さはデメリットですが、週1で確実に、という方にはこちらをおすすめします。

動画:院長が打ってみました!

 少量(0.25mg)お試し1回/1週間/1本(1週間あたり@10,000)10,000

 少量(0.25mg)4週間分(1週間あたり@7,500)30,000

 標準(0.5mg)4週間分(1週間あたり@10,000)40,000→おすすめ

 倍量(1.0mg)4週間分(1週間あたり@15,000)60,000

消毒綿、注射パッチなどは付属します。

0.5mg以上は注射キットが新しくなり、痛みが軽くなりました!!

当院のお勧めは

・努力は最小限に、期間は最短で

3.糖分を尿に排出する薬+4.GLP1注射+α

・自力で頑張るけど、ちょっとモチベーション上げたい

1.脂肪の吸収を抑える薬のみ、2.糖分の吸収を抑える薬のみ、または3.糖分を尿に排出する薬のみ

※お薬を処方するには初診再診とも処方料の3,000円(オンラインの場合、3,500円)がかかります。

*オンライン診療をご希望の方はこちらをご覧下さい。

 ダイエット外来は努力を軽減するものですが、最終的には生活習慣を改善することなしには維持が出来ません。薬を使って減量に成功しても、生活習慣が減量した体重に合っていないと、薬をやめると体重は薬の効果の分だけ元に戻ります。

薬は医師の指示で中止・減量して下さい。

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG