危ない薬と危険な手術 1

最近、週刊現代に端を発した『危ない薬・・』系の記事を載せた週刊誌が書店を賑わしています。患者さんも口にされるので、読んでみました。 中にはその通り、と納得する記事もあれば、どうだかなあ、と思うこともあります。 この手の記事や本、テレビ番組なども目にすることは多いのですが、いつも思うことがあります。 『血圧もコレステロールも高齢者になれば上がるのが当然。そんな薬は要らない!』、『この薬は副作用が危険』という主張がよく見られます。 『この薬は要らない!』って言う先生本人が要らない薬を飲まないのは判るのです。自分の信念だから。 例えば奥さん(旦那さん)のお父さんが『今、血圧の薬飲んでんねんけど診てくれるか?』といわれて『お義父さん年寄りは血圧高うて当たり前ですわ。飲まんでよろしいわ。それより減塩して、運動して、生活習慣改善して、修行僧みたいな生活して下さい』といって納得させることが出来るか? 自分の子供が重度のリウマチにかかって、飲めば症状が良くなる可能性が高いステロイドや免疫抑制剤を『副作用怖いからやめとけ』といって、症状が悪化していくのを座視出来るか? 私が心がけていることに、『人を見て法を説く』ということがあります。 薬を飲みたくない人に『飲まんでもええんちゃう』と言って薬をやめさせることは比較的簡単でしょう。 『飲んでたら調子ええねん』、『飲んどかな不安やねん』という人に『飲まん方がええで』といって薬をやめさせるのは非常に骨が折れます。 当クリニックでは『減薬外来』を謳っていまが、嫌がる人に余計なお節介をして恨まれたくはありません。 対象はあくまで『薬をやめたい』『減らしたい

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
最新の投稿
タグ
過去の投稿

ありがとう芦屋クリニックのホームページです

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町3-24-1 1F
ラポルテ駐車場の補助がございます。
来院時、駐車券を受付にお見せ下さい。
(予防接種の方は30分、診察の方は診察時間相当)