危ない薬と危険な手術 3

前回はほとんどの手術は外科医二人で出来る、というところまで書きました。今回は病院の規模と設備について。 外科医の能力を生かすにはそれなりの設備が必要です。 それなりの設備をそろえるにはそれなりの投資が必要で、利益も生み出さねばなりませんので、それなりの数をこなす必要があります。 先進の手術機器が画期的で需要が多ければ、数年でパソコン同様、使い勝手の改良とコストダウンは進んできます。 一度便利さ(治療成績の良さ、合併症の少なさ、傷のキレイさ、手術時間の短さ)を手にしてしまうと、元に戻れないのは家電製品も医療器械も同じです。 若い世代は特に意識せず新しい技術も古い技術同様に初めから自然に学びます。古くはクルマのマニュアルとオートマ、最近ではガラケーとスマホ、などいくらでも例を挙げられます。ガラケーになれきっているひとは、よっぽど困らないとスマホには手を出しません。 外科医の場合、古い技術に過剰適応し、その手術ばっかりしている外科医は、その仕事がある間は新しい技術を身につける必要がありません。 概して、古い技術を高度に身につけた職人は、その技術が高度であればあるほど、新しい技術に対して批判的です。 それは、アメリカの会社はCDプレイヤーとは全く関係なかったので、iPodという名前でハードディスク音楽プレイヤーを売り出して大成功を収めたのに対し、日本の会社ではハードディスクで聞くウオークマンの開発しようと若手が提案したところ、CDプレイヤーが売れなくなるという理由*で却下されたことと似ています。 *実際は著作権などの問題もあり、製品化をためらったことも関係していたそうです。 古い道具を

危ない薬と危険な手術 2

前回は危ない薬についての雑文でした。 今回は危険な手術について。 危険な手術と聞いて思い出したのが『基地外に刃物』(誤字)という言葉です。参考までに会社社長・弁護士と並び、外科医はサイコパスが多い職業といわれています。 サイコパス=精神病質者であっても仕事が出来ないわけでなく、知能が高く暴力性の低い精神病質者は、社会的に高い地位に就いていることも多いそうです。 *スティーブ・ジョブス(経営者)、ウインストン・チャーチル(政治家)などもサイコパス度が高いと言われているそうです。 本題の危険な手術です。 私が自分(家族)が手術を受けるときは、以下に注意します。 ・外科医の年齢が35歳(専門外科医取得、外科医としての経歴が7年)以上 ・考えに共感できるものがあり、この人なら任せられそう(要は相性が良さそう)な主治医 ・外科医は最低二人いること。 ・病院の規模は100前後-200床ぐらいまで。大きすぎる病院(教育病院)は避ける。 ---解説--- 私は大学病院、市中病院で外科の研修をしました。 クリニックの看板にも外科を挙げています。 でも、クリニックで大腸癌の手術を受けようとするひとはいませんし、出来ません。当然です。 病院で外科を挙げているところでも、外科医が一人では盲腸が精一杯で、盲腸でも炎症が広がっていれば手が足りずお手上げです。 *本当かどうか知りませんが、痔になった肛門外科の先生が自分で自分の痔の手術をしたことがあったそうです。思わぬ出血のため貧血になり、意識が薄れそうになりながら救急車を呼んだとのこと・・・ しかし、熟達した外科医が二人いれば、ほとんどの事は出来ます。 手

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
最新の投稿
タグ
過去の投稿

ありがとう芦屋クリニックのホームページです

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町3-24-1 1F
ラポルテ駐車場の補助がございます。
来院時、駐車券を受付にお見せ下さい。
(予防接種の方は30分、診察の方は診察時間相当)