糖尿病とインスリン

糖尿病はインスリンの量が不足しているか、効きにくくなる(またはその両方)病気です。 インスリンの分泌能は個人差もありますが、人種間でも大きく差があります。概ねアジア人は分泌能力が低く、白人は高いです。 で、インスリンとはどういう作用を持っているのか? 一言で言うと、『身体の血糖を脂肪に変える』ホルモンです。 必要以上に食事を取り続けた場合、 ・インスリンの分泌能が高い白人の場合は たっぷりインスリンが分泌される→たっぷり太っても糖尿病にならない。 ・インスリンの分泌能が低いアジア人の場合は 少ししかインスリンは分泌されない→少ししか太れず余った糖分は尿に出る(糖尿病) わけです。 時々TVにアメリカの体重450kgの男性など、超重量級の方が出てきますが、ほぼ100%白人です。アジア人は太るだけのカロリーを取っても、『身体の糖分を脂肪に変える』インスリンが出ないので、糖分が尿に漏れてしまいます。 糖尿病が悪くなるとやせてくると言います。言い換えると、インスリンの出(効き)が悪くなると太る能力が落ちるため、糖分が尿に出て栄養不良になり、やせてくるのです。 病院にいたころは蓄尿検査をしていたのですが、一日分の尿の中に2000kcal近い糖が降りている方もおられました。成人男性一人分の食事を尿に捨てているのだからやせますよね。 で、インスリンの分泌能に人種差があると言うことは糖尿病は遺伝的要素も大きいということですが、(II型)糖尿病は生活習慣病でもあります。 食事制限せずに糖尿病の人にインスリンを注射したりインスリンの分泌を促す薬を飲ませたりすると、結構な確率で太ります。そりゃそう

骨密度計測器を導入しました。

本日より超音波式の骨密度計測器を導入しました。 超音波式ですので素足になるだけで、非常に簡単に計測できます。 予約も不要です。 骨粗鬆症が気になる方は来院時にご相談下さい。

ご挨拶

あけましておめでとうございます。 当院は、本日が仕事始めです。 昨年同様、宜しくお願い致します。

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
最新の投稿
タグ
過去の投稿

ありがとう芦屋クリニックのホームページです

〒659-0093 兵庫県芦屋市船戸町3-24-1 1F
ラポルテ駐車場の補助がございます。
来院時、駐車券を受付にお見せ下さい。
(予防接種の方は30分、診察の方は診察時間相当)