Medical Director

院長紹介

『ありがとう芦屋クリニック』院長の芋縄です。

私は大学の救命センターで長く勤務しておりました。重傷の交通事故や他院各科で治療が困難な、重症の患者さんたちが集まる三次救命センターです。

患者さんもいろいろで、若者のバイク事故、仕事中の怪我、劇症肝炎で透析を必要とする方、睡眠薬中毒、お年寄りの誤嚥性肺炎、原因不明で路上で息絶えているところを発見された方、など、これほど広い分野にわたる治療をする診療科は他には見あたりません。

非常に恵まれた環境で、状態の変化があればすぐに検査ができます。

夜中でも、血液検査・X線検査はもちろん、超音波・内視鏡・CT・血管造影など、普通なら予約して待たなくてはいけない検査もすぐにできました。

検査が増えれば見つかる病気も増え、ますます忙しくなります。

そしてそれは医師の仕事を始めたばかりの若者には、しんどいけども非常に魅力的な環境でした。

給料(名目は研修補助金で、病院とは雇用関係はないと言われました)は基本給4万円。当直すると一晩9,500円もらえます。

当直しなくても無給で患者さんの横で検査や処置をするので、時給換算すると100円以下の時もありました。

家にいても空耳で心電図モニターのアラーム音が聞こえたり、救急車が近づいてくる音が他人よりずっと手前で聞こえたりするぐらい、仕事をしていましたが、知識と経験がどんどん増えるので、あまり気になりませんでした。

毎年6-70人が大学全体で入局するのですが、全身を診ないので急変が少ない皮膚科や眼科が毎年5人以上入局します。

急変がよくある外科はそれより少なく、急変患者を診るための救急科志望はほとんどゼロかせいぜい1-2人で人気がありません。

最近はブラックという言い方が浸透してきましたが、当時は3Kと言われる職場でもありました。

キツイ、汚い、危険の3Kです。

仕事はキツく、血液・吐物・糞尿にまみれ、それらから他人の病気をもらう危険性もあります。慢性的人手不足の職場でした。

そんな中、上司が職場を去り(やめたがっていた上司の背中を押したのは私ですが)、多忙のせいか不摂生のためか、自分自身が間質性肺炎で入院いたしました。

病院に着き、高熱で震えている私に待っていたのは『検査』です。

薬も点滴もなく、苦しい状態のまま、レントゲンを撮られ、採血の結果を待たされ、超音波検査のために裸になりました。

担当医は悪寒で震えている私ではなく、モニターを見ながら黙って検査を進めていきました。

その時、私は寒さに震えながら自分が今までやっていた事を理解しました。

彼も私も病気を調べることを優先し、病人を楽にするのが後回しになっていたのです。

入院することは残念な事ではありますが、得られたものもありました。

一つは病人であることを体験できたこと。

もう一つは自分の身の振り方を考える時間。

結局この入院が引き金となって大学病院を去ることにしました。

ホーム 続く

当クリニックは予約優先です。
予約ページからどうぞ。
【休診日】火/日/祝 不定休あり
​※第4金曜日のみ13:30から
map.JPG
院長経歴

H6   近畿大学医学部卒業
同    同大学救命センターにて勤務
期間中に    

大阪府立千里救命救急センター
藤井病院 外科
関西医科大学 眼科
近畿大学医学部 内分代謝泌糖尿病内科

にて研修
H16  近畿大学医学部奈良病院

    救命救急センター講師
H18  田中病院 内科部長
H21  ロータスクリニック 院長
H27  ありがとう芦屋クリニック 開院

 

資格    

日本救急医学会専門医

日本内科学会 認定医
日本医師会 認定産業医

 

『医療の質とは、その技術がどのぐらい多く提供されたかによって測れるのではなく、その後の人生における目標、失意の緩和、機能の回復、機能障害の予防といった健康サービスから得られた結果により密接な関係がある』

      

-Lembcke PA-