02/08/2018

Please reload

最新のお知らせ

花粉症(検査)

02/03/2019

 

花粉症の治療については書きましたが、検査について質問があったので、簡単に書いてみます。

 

・鼻汁中好酸球数

鼻汁を綿棒で拭って、花粉症で増加する鼻汁中の好酸球数をカウントします。

花粉症がひどくなると、数が増えます。

 

・スクラッチテストやプリックテスト

花粉エキスを腕に1 滴たらし、針で軽い傷をつけて、皮膚の膨疹や発赤の有無をチェック。

花粉症がひどいと、膨疹や発赤が増えます。

 

・鼻誘発テスト

花粉エキスを鼻の粘膜に付着させ、症状発生の有無を観察するものです。

花粉症がひどいと、症状が強く出ます。

 

・血清特異的IgE抗体定量

血液の中の血清に含まれる花粉に特異的なIgEの値を見ます。花粉症だけでなく、食品などもチェックできます。

アレルギー反応が強いと、数値が高く出ます。

 

ということで、検査ではアレルギー反応の程度が判ります。

 

 

『そんなん自分のカラダが一番よう知っとるわ!!』

 

と思った方。

その感覚は正しい。検査をする意味のある人は『原因が分からないが花粉症の症状が出る人』です。

 

スギだろうがヒノキ だろうが、 花粉症で症状が同じなら治療法は同じです。

花粉症:治療編で書いたようにそれぞれの方に合う病院に行って下さい。

 

 

 

 

Please reload

タグ
Please reload

過去のお知らせ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square