top of page

花粉症 (治療編)令和6年判


花粉症(花粉アレルギー)の治療法にはざっと

・内服 ※

・注射 ※

・減感作療法

・点鼻、点眼 ※

・レーザー焼灼

などがあります。

※当院で対応している治療です。

*初診で診てもらえる診療科

それぞれの特徴をあげてみます。

※内服-対象療法(症状を抑えるだけで、症状が出る間は治療が必要)

抗ヒスタミン剤、漢方薬、ステロイドなど、ステロイドを除き、すぐに効いた気がしないのが難点。いずれも対症療法。

 ・薬を指定すれば、精神科でも肛門科でも処方可能

 ・初診なら内科、アレルギー科、耳鼻科など

※点鼻、点眼-対象療法

内服で局所症状が治まらない方。使っている間は割とよく効く。

 *内科、アレルギー科、耳鼻科、眼科など

 *おくすり手帳を持って行って、薬を指定すれば概ね何科でも処方可能です。

・注射

ゾレア皮下注射→対象療法¥¥¥¥¥(ひと月)

効果は非常に高い

治療前に免疫機能の検査が必要で、検査の結果と体重で投与量が決まる

軽症なら4週に一度、重症のひとは2週に一度の注射が必要

ひと月の治療費は、安い人は5千円ぐらいだが、重症の人では7万ぐらいかかる

使える医師が限られる+クスリが高価なので在庫は持ちたくない

→使える医療機関が非常に限られる

 *耳鼻科・小児科・アレルギー科(問い合わせが必要)



ヒスタグロビン皮下注射-根治療法 ¥(1回)

週1-2度通院し、6回程度の通院で3-4ヶ月効果あり。

→普通は、週二で通院するぐらいなら薬を飲むので当院では不採用

 *アレルギー科、耳鼻科、内科(問い合わせが必要)


※ステロイド筋肉注射-対象療法 \\(ひとシーズン)

一回の注射で1シーズン効果が持続。

飲み薬に比べて、『圧倒的じゃないか』と言われるほどの効果

通院の手間がほぼ無い

症例を選ばずに使うと高血圧・糖尿病など副作用が出ることも

ネットで調べるとロクな事が書いていないので不安になる

 *内科、耳鼻科、アレルギー科(問い合わせが必要)

 ・当院では生理のある女性には行っていません。

 ・状態の悪い糖尿病、高血圧患者にも行っていません。

・保険が利かないという記述もありますが、利きます。


・鼻粘膜焼灼法ー根治療法(成功すれば花粉症が治る。)¥(1回)

鼻粘膜をレーザーなどで焼き焦がす。多くは効果が持続する。

→場合によっては数年に一度再手術が必要になることも。

 *耳鼻科(問い合わせが必要)→オススメ!

・減感作療法ー根治療法

 アレルゲン注射-但し半年は週一で通院、その後、月一で注射する必要あり。治るまで2-3年かかるのと、スギ花粉しか効かないのがネック。

 *アレルギー科、耳鼻科、内科(問い合わせが必要)

舌下免疫法ー根治療法

 舌の裏に花粉を極めて薄めたエキスを垂らし、1年目は2週に1度、その後は1ヶ月に1度を行う。

→治るまで2-3年かかるのと、スギ花粉しか効かないのがネック。

 *アレルギー科、耳鼻科、内科(問い合わせが必要)

 一般には毛嫌いされているステロイド注射ですが、当院では上記のように症例を選んで行っております。当院外来にてご相談下さい。

Comentários


最新のお知らせ
過去のお知らせ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page